耳鳴りで悩んでいるのなら|音楽鑑賞を再び楽しめるように

婦人

耳の異常、放置はダメ

耳

音の種類は実に様々

耳鳴りに悩まされる人は案外多いようですが、積極的に治療を試みている人は少ないのが現状です。そもそも、耳鳴りは自分にだけ聞こえるものなので、他人にはその音を聞くことは出来ません。どのような音が聞こえるのか説明することも難しい場合が多く、自分さえ我慢すればいいと考える人も少なくないのです。では実際にはどのような種類があるのでしょうか。一般的に多いとされているのは、「キーン」という高い金属音のような音、「ジージー」といったセミの鳴き声のようなものが多いとされています。しかし、その他にも様々な種類の音が存在するのです。「ブーン」といった低い音、風を切るような「シャー」といった音、水を流すような「ジャー」という水流音、「ガンガン」といった脈拍と共に起こる音など実に様々です。私の耳鳴りは「キーン」じゃないから病院に行っても無駄だとは思わず、慢性化している耳鳴りに悩んでいる人は、病院に行ってその音の症状を伝えてみることが重要なのです。

なるべく早めに受診する事

実は「耳鳴り」という病気は存在しません。耳鳴りは症状であり、病名ではないのです。しかし、他の病気にも共通することですが、耳鳴りの症状が現れたら、なるべく早く治療を開始することによって治りやすくなります。しばらく様子を見てみよう、気にならない程度だから大丈夫、と言っているうちにどんどん治療が難しくなるのです。もし耳鳴りの異常を感じたら、なるべく早く耳鼻科を受診するようにしましょう。耳鼻科での治療は投薬治療が基本です。痛みを伴う治療はありませんから、安心して受診しましょう。持病があって薬を飲んでいる場合は、その薬が耳鳴りの原因であることも考えられます。普段服用している薬がある場合は、お薬手帳などを持参し、医師に伝えるようにしましょう。また、血行が悪いために起こっている場合もあります。耳鼻科での治療と並行して、マッサージやストレッチなどを行うことによってより改善効果が見込める場合もあります。耳鳴りは、まだ原因が詳しく分かっておらず、治療法の確立がされていない症状です。ひどくなる前に、なるべく早めの改善を目指すように心がけましょう。

早期治療が大切

医者と看護師

新宿の耳鼻科では突発性難聴の対応として薬物療法を行います。ステロイドホルモンを投与したり、血液循環不良を改善させるために血管拡張剤やビタミンを投与していきます。回復には難聴の程度によって異なりますが、程度に限らず早期に治療を開始することが大切です。

サービスや診察に頼る

メンズ

補聴器は弱い聴力を助けてくれる効果があり、これによって生活の支障も防いでいくことができます。しかし、補聴器にも性能の違いやタイプなどいろいろとあるので、選び方によっては満足感も違ってきます。この場合は補聴器を扱う店舗でのサービスや、耳鼻科の診察によって慎重な選び方をしていくことが大切です。

きこえが悪くなったら

婦人

補聴器といっても性能は機械ごとに差があるので、使いながら購入する商品を選ぶ方が間違いがありません。それにレンタルなら、最新機種を気軽にチェンジしていくことも可能です。補聴器も最新の物ほど性能やデザイン性が向上しているので、簡単に取り換えのきくレンタルの方がやはり利用しやすいメリットがあります。