早期治療が大切|耳鳴りで悩んでいるのなら|音楽鑑賞を再び楽しめるように

耳鳴りで悩んでいるのなら|音楽鑑賞を再び楽しめるように

男女

早期治療が大切

医者と看護師

難聴が不安を強めてしまう

日頃から聞こえている音が突然聞こえなくなると、その苦痛は外観からわからないため精神的な負担が大きく、今までの生活環境に適応できなくなる場合があります。突発性難聴はそのような突然聴覚異常が起こり、極度の耳鳴りも合わせて発症します。新宿の耳鼻科では、このような症状が現れた時には早急に対応しています。治療までに時間が過ぎるほど回復が遅れ、状況によっては改善できなくなるケースもあります。時間に追われ、受診の機会を逃すことのないよう日頃から気に掛けておきましょう。また、生活習慣の乱れや慢性的な疲労、ストレスの溜めすぎも突発性難聴を引き起こす要因となります。バランスのとれた食生活に気を付け、十分な睡眠も必要です。

薬物療法を行える

新宿の耳鼻科では突発性難聴の治療には薬物療法を行います。副腎皮質ホルモンはステロイドの一つで、炎症を抑え免疫抑制作用に優れています。このステロイドを最初に大量に投与し、徐々に投与量を減らしていく漸減療法を行います。自己判断で投与を中断してしまうと症状が悪化することもあり、新宿の耳鼻科医とよく相談して治療方針を定めていきます。ステロイドは糖尿病や高血圧、高脂血症の人には副作用が出やすく、持病を持っている際には事前に新宿の耳鼻科医に話しておく必要があります。また、ホルモン投与以外に内耳の血流の改善が必要になります。血流改善薬や血管拡張剤を使用したり、失われやすいビタミンの投与を行います。難聴の程度によって回復の時間が異なるため、あきらめずしっかり治療していきましょう。